標準監視サービス

監視は、サービスの異常をいち早く検知するために必要です。
異常を知るだけではなく、適切な設定を行うことで異常の前兆を知ることができるため、問題を事前に検知し防ぐことが可能になります。

死活監視

サーバの稼働状態を、当社監視システムが実行するpingコマンドを利用して監視します。

24時間365日常時監視を行い、応答が無い場合は、サーバの稼働状況を確認します。確認の結果、障害と確認された場合は、正常復旧に向けて一次対応を実施します。

ポート監視

外部に公開されたサーバソフトウェアのサービスポートの正常コード応答監視を行います。

表.ポート監視一覧

ポート名 TCP/UDP ポート番号
ftp tcp 21
ssh tcp 22
smtp tcp 25
http tcp 80
pop3 tcp 110
imap tcp 143
https tcp 443
submission tcp 587
VPN(OpenVPN) tcp 7505
MySQL tcp 3306
Postgres tcp 5432

※Windowsサーバに対する外部監視はお問い合わせください

プロセス監視

サーバ内部で稼働するプロセス(Apacheならhttpd、MySQLならmysqldなど)の稼働状況を監視します。

尚、当社標準の場合、該当のプロセスについて、外部からポート監視設定を導入しているものにつきましては、ポート監視にて、監視をしておりますので、標準では設定を省いております。

リソース監視

サーバの内部値の監視を行います。

それぞれの閾値はお客様からのご希望に合わせて設定を行います。それぞれの閾値超過について、当社運用対象外のもの(例 ハードディスク容量超過等)については、お客様へデータ削除等の作業をお願いする場合があります。

閾値が平常時の値とそれほど変わらない場合は、誤検知する可能性があります。その場合は、運用しながら最適な閾値をご提案させていただきます。

表.リソース監視一覧

リソース監視種別 内容
ロードアベレージ監視 実行待ちプロセス数の監視を行います。(Windows ServerはCPU監視となります)
メモリ使用率監視 メモリの使用率の監視を行います。
ディスク使用率監視 ハードディスク領域の使用率の監視を行います。
SWAP使用率監視 SWAP領域(HDD上の仮想メモリ領域)の使用率の監視を行います。

オプション監視サービス

標準の監視サービス以外にも、オプション監視サービスがあります。表にない監視についても、お気軽にご相談ください。

表.オプション監視一覧

監視種別 内容
指定URLの正常応答監視 お客様ご指定のURLページに対する正常コード応答監視を行います。
指定URLの文言監視 お客様ご指定のURLページ内に、特定の文言が含まれているかどうか監視を行います。
指定ポートの正常コード応答監視 お客様ご指定のサーバソフトウェアで待ち受けているポートの正常コード応答監視を行います。CloudServ.サービスメニューに無いものは、別途ご相談下さい。
指定プロセス監視 お客様ご指定のサーバソフトウェアにて稼働しているプロセスの死活監視を行います。CloudServ.サービスメニューに無いものは、別途ご相談下さい。
メールキュー監視 お客様ご利用のメールサーバソフトウェアにおいて、メールキューに滞留している配送待ちメールの総数の監視を行います。
ログ監視 お客様ご指定のサーバソフトウェアより出力されているログに特定の文字列が記録されていないかの監視を行います。